YAHOO!検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
おすすめ情報

2006年02月05日

裕木奈江 !バッシングをぶっ飛ばせっ!

新鮮では無い話題になりますが、最近、ネットのニュースに「夕刊フジ」が、「裕木奈江」さんの記事が出ていたようですね。
覚えていますか??「裕木奈江」さんって?覚えています、おじさんは,裕木奈江 結構お好みでした^^;賛否両論色々な意見があるようですね。
追加記事:裕木奈江、女優復帰はイーストウッド映画・裕木奈江「ドロドロ昼ドラやってみたい」あり
追記2006年6月8日

YAHOO!Japan NEWSエンターテインメント

ニュース

裕木奈江「ドロドロ昼ドラやってみたい」

  ギリシャに1年間の演劇留学後、ヘアメークアーティストの夫が住む米ロサンゼルスに生活の拠点を置く女優裕木奈江(35)が舞台「無頼の女房」(7月13〜19日、東京・新宿シアタートップス)出演のため帰国し、けいこに取り組んでいる。

 戦中・戦後の混乱期に生きた無頼派作家と彼らを支える妻の姿を描く、劇作家中島淳彦氏の作品。裕木は作家塚口の妻役で、04年以来2年ぶりの舞台。「海外にいて日本の良さを再発見した。これまで女の子役や恋人役が多かったので、今回の奥さん役は女優のキャリアとして楽しみ」。

 04年9月から1年間、ギリシャ留学した。文化庁の新進芸術家海外留学制度に応募し、ギリシャ・バロス島の芸術学校に受け入れ依頼などの手続きも自ら行った。「以前からあこがれていた」という土地で貧乏学生体験をした。英語の授業を受け、寮生活では世界から集まった若者と交流。アテネには一番安い夜行ボートで6時間かけて出かけ、夏休みは農家の離れを借りると、ヤギと隣同士になった。エピロダウロス(古代円形劇場)に通い詰め、ギリシャ劇を見まくった。

 「世間も知らずに芸能界に入ったので、バックパッカーみたいなことをしてみたかった。日本語をしゃべる場がないから、驚くほど孤独だったけれど、いい体験になった。度胸がついたかな」。留学後、ロスでクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」のオーディションを受け、4月末に小さな役ながら出演した。仕事の中心は日本だが、ハリウッドでもオーディションを積極的に受けるという。「日本で昼のドラマを見ていたら、ギリシャ悲劇みたいにドロドロしていて面白かった。やってみたくなった」。たくましくなった裕木の活躍が始まる。
(日刊スポーツ) -
6月7日9時53分更新


裕木奈江さんも、もう、35歳かぁ!今回の奥さん役は女優のキャリアとして楽しみ」って、母親役をしても良い位の年齢ですが比較的童顔みたいなので、今まで奥さん役もやったかと無かったのかな??「ドロドロ昼ドラやってみたい」って、それは、いいかもっ!最近の昼ドラは本当にドロドロしてますが、彼女、裕木奈江さんの役どころとしては・・・・夫からドメスティック・バイオレンスを受けながら耐える妻という設定から、ひょっとしたことで出会った妻子ある男性と・・・・・相手の男性の家庭が崩壊して行くストーリーが、私の脳裏に浮かんでしまいました^^;


追記
 

 裕木奈江、女優復帰はイーストウッド映画

女優裕木奈江(35)がクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」と、7月の舞台「無頼の女房」(新宿シアタートップス)で、2年ぶりに仕事に復帰することが1日、分かった。
04年9月から05年10月まで文化庁の新進芸術家海外留学制度でギリシャに演劇留学していた。

硫黄島−」はイーストウッド監督の最新作。太平洋戦争の激戦地を舞台に、渡辺謙、中村獅童、二宮和也らが出演する。
裕木は「どんな小さい役でもいいから出たい」と米国でオーディションを受けて合格した。「無頼−」は若手劇作家中島淳彦氏の作品。無頼派の作家坂口安吾をモデルにした作家夫婦をめぐる人々の泣き笑いの物語で、裕木は妻役。

裕木は04年公開の映画「ULTRAMAN」などに出演後、ギリシャに留学。エーゲ海のバロス島に住み、ギリシャ悲劇などを学んだ。昨年10月に留学を終えたが、拠点は99年に結婚したヘアメークアーティストの夫(46)の仕事の関係でロサンゼルスに置いている。「無頼−」のけいこが6月に始まるため、直前に帰国する予定。

[2006年4月2日6時53分 紙面から]





久しぶりに、「裕木奈江」さんの名前を見たと思ったら、こんな記事でした

 

 「女に嫌われる女」裕木奈江、国費でギリシャへ

   かつて「女に嫌われる女」で知られた女優、裕木奈江(35)。しばらく表舞台から消えていたと思ったら、意外なことで再び注目されている。文化庁の「新進芸術家海外留学制度」で一昨年9月から昨年10月まで、ギリシャのバロス島という南エーゲ海の島に留学していたという。芸術家と呼ぶには違和感のあるタレントが、現代演劇の本場とはいえない国で血税を使い何を勉強したのか…。

  同制度は、1967年から「我が国の芸術文化の振興」を目的として、才能ある芸術家の力を伸ばすことを支援してきた。裕木は1年間の留学で、往復の飛行機代のほか、日額1万円の日当などが支給された。

  過去には、声楽家の佐藤しのぶ(47)、映画監督の崔洋一(56)、演出家の野田秀樹(50)ら、その世界では指折りの存在がこの制度を利用する一方、応募資格には「大道芸人」までが含まれ、年間100人以上が派遣されるなど、なかなか芸術家の範囲も広くはある。

  文化庁は裕木の選出理由を明かさないが、「本人の専門分野に関する申請書の内容がよければ合格します。留学先やその研修内容は、本人が決められます」と説明する。

  裕木はCMモデルを皮切りに、93年の日本テレビ系ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」で大ブレーク。そこで演じた一見清純そうで男を誘惑するキャラが「おとなしそうな顔してちゃっかり彼氏を横取りしそう」、「男にこびたウルウル目がムカツく」とバッシングされた。その素顔は、「演技には真剣だが、わが道を行くタイプ。待ち時間や弁当によく不満をもらした」(ドラマ制作スタッフ)との声も聞かれ、露出が急減した。

  作家の麻生千晶氏は、「彼女はどこが新進で、どこが芸術家なのでしょうか。未来の才能を見いだそうというよりは、よく知られた人を選んでおこうという国側の安易な姿勢を感じます」と批判する。

  裕木と同じ年に留学制度を利用した人の行き先は、ロンドンやパリといった現代芸術の動きが活発な地域ばかり。裕木は「ギリシャ演劇を勉強するために選んだ」としているが、観光地のエーゲ海の島でどんな勉強をしたのか、今後の仕事で見せてもらいたいものである。

(夕刊フジ) -
1月20日17時2分更新

この記事は、「裕木奈江」さんが、文化庁の「新進芸術家海外留学制度」を利用して、平成16年9月から平成17年10月まで、ギリシャのバロス島という南エーゲ海の島に留学していて、
(1)往復航空賃(エコノミークラスの実費)
(2)支度料 一律25,000円
(3)滞在費 日当及び宿泊料(概ね日額一万円前後)
を、支給され1年間、演劇の本場とはいえない国のギリシャのバロス島という観光地の南エーゲ海の島で、芸術家と呼ぶには違和感のある、裕木奈江というタレントが、現代演劇の本場とはいえない国で血税を使い何を勉強してきたのか?その事を問題にしたいのか、または、裕木奈江さんなどが利用している文化庁芸術文化振興施策-芸術家等の養成研修-「新進芸術家海外留学制度」の制度そのものが不必要と言いたいのか?裕木奈江さんの選出理由(選出基準)不明確だと言いたいのかよく分かりません。

記事内容の比重を見てみると、「女に嫌われる女」で知られた女優、「芸術家と呼ぶには違和感のあるタレント」の「裕木奈江(35)」さんが、「現代演劇の本場とはいえない国で血税を使い」「観光地のエーゲ海の島でどんな勉強をしたのか」「今後の仕事で見せてもらいたい」ということなのかな?これは、やっぱり「裕木奈江バッシング」だよね多分。
もう十年以上経っていると思うけど、今もってバッシングかよぉww
しつこい!ですね、結構お気に入りだった、私の感想です^^

裕木奈江さんが利用した新進芸術家海外留学制度とは?

 美術,音楽,舞踊,演劇・舞台美術等,映画・メディア芸術,アートマネージメント分野の新進芸術家等を海外に派遣し,その専門分野における実際的な研修の機会を提供。
 1年派遣,2年派遣,3年派遣,特別研修(3か月)の4種があり,昭和42年度から平成12年度末までに1,337名を派遣。(平成8年度より研修成果の発表公演等を実施)
文化庁-芸術文化振興施策-芸術家等の養成研修-「新進芸術家海外留学制度
平成16年度新進芸術家海外留学制度研修者一覧

 新進芸術家海外留学制度の、これまでの主な派遣者  
 森下 洋子 舞踊:バレエ 昭和50年度 
 絹谷 幸二 美術:洋画 昭和52年度
 佐藤しのぶ 音楽:声楽 昭和59年度
 野田 秀樹 演劇:演出 平成 4年度
 諏訪内晶子 音楽:器楽 平成 6年度
 野村 萬斎 演劇:狂言師 平成 6年度
 崔  洋一 映画:監督 平成 8年度
 鴻上 尚史 演劇:演出 平成 9年度


「裕木奈江」さんって、どんな人?

裕木奈江さんを知るためのDVD-BOOK-VIDEО-CD













フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』裕木奈江
猫でごめん。猫でごめん。inにふてぃ裕木奈江〜追憶〜
jalpot
裕木奈江ちゃん情報
裕木奈江の世界裕木奈江のオールナイトニッポン特集ページ
「裕木奈江のオールナイトニッポン」ジングル各種>
Ver.1Ver.2Ver.3Ver.4Ver.5
YUUKI NAE DATABASE
まこりんのわがままなご意見歌謡曲の砦>裕木奈江>さくさくレビュー裕木奈江裕木奈江『水の精』 (AL)
テレカコレクション>裕木奈江>裕木奈江さんのテレカ


作家-麻生千晶氏って、どんな人?

プロフィール 著書(扶桑社 最新刊 美空ひばりは鶴だった)より 
麻生千晶(あそう・ちあき)
作家。昭和36年、東京大学文学部フランス文学科卒業。44年、小説現代「ビフテキとブラームス」で作家デビュー。映像評論、音楽評論も手がけ、毎日新聞「火曜サロン」、サンデー毎日「TV or not TV」、アサヒ芸能「テレビ欄」、東京中日スポーツ「やじうまテレビ」、週刊現代「男を叱る」「私のテレビ評」、週刊新潮「たかが、されどテレビ」、産経新聞「直言曲言」欄などをそれぞれ長期連載。現在、TVnavi「麻生千晶のわがままテレビ」、フジサンケイビジネスアイ「メディア斬り」を連載中。その他、新聞や雑誌に、社会、芸能、女性、教育、プロ野球など多岐にわたる問題について辛口発言をしている。民間放送連盟賞、広告電通賞、ギャラクシー賞ほか選考委員多数、文化庁芸術選奨放送部門推薦委員。著書『世紀末、どくぜつテレビ』(新潮社)ほか。
pokopiko 芸能界裏事情麻生○晶
蛇煮の杜〜ジャニーズ&2ちゃんねるヲチ〜
自称作家で、偏見+毒舌テレビ評論家の”麻生千晶”と、「心のノート」の”作家・麻生千晶”は別人!


「裕木奈江バッシング」って、どんなこと?

教えて!goo 質問:裕木奈江バッシング
質問:裕木奈江が女性に嫌われる理由

猫でごめん。猫でごめん。inにふてぃ裕木奈江〜追憶〜
第6章1994年←この辺が脂っこいみたい^^;

裕木奈江ギャラリー



「裕木奈江」Gallery


posted by 初志一徹 at 05:56 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品 Book・Music・DVD
 

Atools

お勧めショッピングサイト

Amazon・れ筋ランキング
1.amazlet.com
2.AMEMA.JP

プライム
TVショッピングのお勧め商品プライムショッピング

・ショップジャパン

・テレビショッピングのショップ島
動画配信中!!

bidders

Amazon

   
   
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [・須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [・須入力]

・証コード: [・須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品


この記事へのトラックバック

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Yahoo! JAPAN


Yahoo! JAPAN
Google
WWW を検索 当サイト内を検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。