YAHOO!検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
おすすめ情報

2006年07月18日

シンドラーエレベータの事故-9

最近は、他の事件・事故の報道でシンドラー社製のエレベータに関することは、時折どこ何処で不具合があった程度の報道しか目にしなくなりましたが、久しぶりにシンドラー社製出エレベータ関係をYAHOOニュースで見てみると、メーカー系メンテナンス会社と独立系メンテナンス会社との間で製品情報関係で意見が対立しているようですね。


シンドラーエレベータの事故(その1) シンドラーエレベータの事故(その2)
シンドラーエレベータの事故(その3) シンドラーエレベータの事故(その4)
シンドラーエレベータの事故(その5) シンドラーエレベータの事故(その6)
シンドラーエレベータの事故(その7) シンドラーエレベータの事故(その8)
シンドラーエレベータの事故(その9) シンドラーエレベータの事故(その10)

 ブレーキ関係の不具合がどうのとか、制御プログラムがどうのと報道されていましたが、その後どうなったんでしょう??
製造側の責任なのか、メンテナンス業者の責任なのか、はっきりしないままシンドラー社の責任のみが取ざさされているようです^^;
 製品情報やメンテナンス情報・部品供給・専用の特殊工具・専用の点検機器などは、以前から製作メーカー及びメーカー系列メンテナンス会社から、独立系メンテナンス会社へ流れる事はかなり厳しい状況であったと思われます。 
 この辺はエレベータ業界にかかわらず、似たようなところがあるのではないでしょうか?

YAHOO!Japan NEWS共同通信
社会ニュース - 7月14日(金)17時59分

「製造側の情報開示必要」 エレベーター、専門委協議

 東京都港区のエレベーター事故を受け設置された国土交通省のワーキングチームが14日、2回目の会合を開き、専門委員らが安全対策について協議した。
 この日は、大手製造会社系列以外の保守管理業者でつくる「日本エレベータメンテナンス協会」と「エレベーター保守事業協同組合」の幹部を呼び事情を聴いた。
 国交省によると、両団体は「メーカーが検査手順書や機器の初期設定値など、基礎的な資料を一切開示していない」と指摘。委員からも「安全上必要な情報が伝えられていないのは問題だ」との意見が出た。
(共同通信) - 7月14日17時59分更新

 独立系メンテナンス会社としては、ある意味今回のシンドラー社製エレベータの事故は、今後の独立系メンテナンス業界の発展にとっては追い風になるのではないでしょうか? 設立当初からメーカー系から情報がほとんど(一切?)出てこない業界で、技術力をそれなりに維持してやって行ける見とうしで会社を設立してたのでしょうから、今回の製品情報の開示への世論または国土交通省の動きは追い風としかいいようがないでしょう。

YAHOO!Japan NEWS毎日新聞
社会ニュース - 7月15日(土)0時0分

<エレベーター事故>メーカー側、製品情報を開示せず?

 エレベーターの安全対策を議論する国土交通相の諮問機関・社会資本整備審議会の専門部会は14日、独立系の保守点検会社の団体「日本エレベータメンテナンス協会」などからヒアリングした。協会側は「エレベーターメーカーから製品情報が一切開示されていない」と現状を訴えた。メーカー側は反論している。
(毎日新聞) - 7月15日0時0分更新

 エレベータのように人命のかかった業界、それとは違う業界でも、メーカー系からの技術情報が外部に開示される業界って少ないと思います。
エレベータなどは、基本的な製品を現場施工して、最終的な製品と呼べるのではないでしょうか?自動車などは一般的には工場出荷時で最終的な製品ですが(ディーラーオプションを除く)、この為自動車などは、走行試験などテストの段階でかなり製品のデーターが取れ不具合の状況・消耗部品などのデーターもある程度性格に取れる気がしますが、現場施工を要する製品の場合は、施工状態やその他の設計などの状態で千差万別といえるくらいの差があるのではないでしょうか?この辺のデータ情報を製造メーカー・メーカー系メンテナンス会社が、サービスレポートみたいな形で蓄積し、製品改良・保守メンテナンスに生かしているのではないでしょうか?、その辺の「ノウハウ」をどこまで敵対する業者に開示するのでしょうか?
 人命は地球より重いので、企業の利益よりも人命尊重ということですね^^;

YAHOO!Japan NEWS毎日新聞
社会ニュース - 7月18日(火)3時5分  

<エレベーター>保守業界で確執再燃

  東京都港区のマンションで男子高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故を巡り、保守点検業界では「大手メーカー系」と「独立系」の確執が再燃している。過去には、メーカー系が独立系に部品の「売り渋り」などをした独占禁止法違反(不公正な取引方法)で、公正取引委員会がメーカー系に排除勧告したケースもある。メーカー系は「法令順守を徹底している」と改善を強調するが、独立系は「点検に必要な工具を売らないなど、問題は解消されていない」と主張し、国土交通省に改善を求めている。
 三菱電機ビルテクノサービス(東京都千代田区)は02年6月、公取委から排除勧告を受け応諾。独立系業者への部品販売で、在庫があっても納期を遅らせたり、自社向けの1・5倍の価格で販売することが、独禁法上、不当な取引妨害にあたると認定されたからだ。
 東芝エレベータテクノス(現東芝エレベータ、品川区)も、部品の「売り渋り」で独立系業者(高知市)らから損害賠償を求められ、93年7月の大阪高裁判決で独禁法違反と認定され、確定している。
 公取委は02年11月〜03年9月、全国約1700のマンション管理組合を対象にアンケート(回答率42.7%)を実施。エレベーターは97.8%が主要メーカー5社製で占められ、保守管理もメーカー系が81.5%だったことが分かった。
 しかし中には、メーカー系から独立系に変更しようとした管理組合が「部品調達などで支障が生じる」と言われるケースもあったという。このため、公取委は独禁法違反の恐れがあると業界に説明していた。
 これに対し、メーカー系は「勧告などを真摯(しんし)に受け止め、納期と価格を改善した」(三菱電機ビルテクノ社)、「独立系から部品購入依頼があれば遅延なく要請に応じている」(日立ビルシステム)などと売り渋りを否定。一方、独立系業者でつくる「エレベーター保守事業協同組合」(東京都豊島区)は「確かに、売り渋りは大手5社系列ではなくなったが、それ以外ではまだある。大手でも、メーカーごとに異なる点検用工具を『自社開発』という理由で売らない社がある」と訴えている。【斎藤良太】
(毎日新聞) - 7月18日3時5分更新

部品供給などは色々と理由をつけて独立系への納期を遅らせるような事は多々有るようですし、点検に必要な工具(特殊工具)などを売らない、これは、今現在どうなんでしょう?売らないともろに独占禁止法に抵触しちゃうのでは?特殊工具なので使用数が極少量なのでその物に比べて異様に高価な場合はあるような事は推測できますが。
 「部品調達などで支障が生じる」というのは、メーカー系が嫌がらせをしなくても、やはり多少は独立系の方が部品調達に時間はかかるだろうなぁ、メーカー系だとそのメーカーの部品のみなので、良く出る部品はメンテナンス部門の出先でも在庫しているんだろうし、サービスカーに積んで走ってる事もありえるが、独立系だと各社の部品を在庫という事になれば、在庫金額が数倍になるんだろうし、この辺は自動車でも同じように思います、ディーラーなら在庫部品があって即取替えなのに、町工場だとお取り寄せ部品になっちゃうとか。

YAHOO!Japan NEWS共同通信
社会ニュース - 6月11日(日)15時37分

トラブル情報引き継がれず 昇降機事故、保守業者間で

 男子高校生が死亡した東京都の港区住宅公社マンションのエレベーターで過去3年、トラブルが43件も続発したにもかかわらず、メンテナンスを担当する保守管理会社が交代した際、情報が十分に引き継がれていなかったことが11日、同区の調べで分かった。
 また、独立系の保守業者にメーカーから十分な技術情報が提供されていない実態も判明。警視庁は、保守管理態勢の問題が事故につながった可能性もあるとみて、関係者から事情を聴いている。
 事故が起きたエレベーターは1998年に稼働。当初は製造元のシンドラーエレベータが保守も担当した。港区は2004年、保守業者の選定を指名競争入札に変更。04年度はシンドラー社が落札したが、05年度は独立系の日本電力サービス、06年度は同様に独立系のエス・イー・シーエレベーターが請け負った。
(共同通信) - 6月11日15時37分更新

上の記事は、ちょと古いですが、大体エレベータ業界って点検報告書みたいなものって無いの?点検報告書があれば保守メンテナンス会社が変わっても、それまでの故障・修理・部品取替などの経緯がユーザー(管理者など)の手元にあれば、それをみる事によってある程度の現場(製品)の状況などを推測出来てメンテナンス時の要注意点もはかくできるのではないでしょうか?
 そもそも、自動車の整備手帳みない標準的なものも無いのかな??
posted by 初志一徹 at 15:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) |
category | 時事放話社会 |

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品 Book・Music・DVD
 

Atools

お勧めショッピングサイト

Amazon・れ筋ランキング
1.amazlet.com
2.AMEMA.JP

プライム
TVショッピングのお勧め商品プライムショッピング

・ショップジャパン

・テレビショッピングのショップ島
動画配信中!!

bidders

Amazon

   
   
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [・須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [・須入力]

・証コード: [・須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20975895

この記事へのトラックバック

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Yahoo! JAPAN


Yahoo! JAPAN
Google
WWW を検索 当サイト内を検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。