YAHOO!検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
おすすめ情報

2006年11月16日

ヒル米国務次官補も気になる、60億円男・松坂投手

ヒル米国務次官補も気になる、60億円男・松坂投手「ところで松坂投手は良い選手なのか?」と記者会見の質問が途切れた時に、ヒル氏が日本の記者団に問いかけたみたいですね、私的には、その様子を想像すると何となく笑ってしまいました。

“60億の男”がイチローと再戦熱望
レッドソックス 松坂大輔「狂騒」曲の始まり
松坂60億円でメジャー悲鳴、入札制度崩壊

googooニュース

ヒル・米国務次官補「ところで松坂投手は良い選手か」

2006年11月16日(木)07:09 asahi.com

 

 「ところで松坂投手は良い選手なのか」――。15日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)のためハノイに滞在中のヒル米国務次官補が突然、日本の記者らに問いかけた。次官補は「ボストン出身で、生涯(大リーグの)レッドソックスファン」。北朝鮮の核問題で各国との調整に追われる中でも、ひいきチームが高額で独占交渉権を得た松坂大輔投手(西武)が気になったらしい。

 ホテルで6者協議をめぐる記者団の質問が途切れたところで切り出した。

 名門球団レッドソックスは、熱狂的なファンがスタンドを埋め尽くす。「交渉がうまくいってほしい。ボストンは大いなる敬意を払って彼を迎える」とヒル次官補。「ボストンには良い学校が多い」と松坂投手の家族にも気を使った。

確かに、ポスティングシステム(入札制度)での落札額は約60億円(5111万1111ドル11セント)という破格の金額で落札したレッドソックスのファンであれば気になって当然といったところですね。60億円プラス年棒もあるわけだからね。

ヒル・米国務次官補-ウィキペディア(Wikipedia)
松坂大輔-ウィキペディア(Wikipedia)


YAHOO!ニュースデイリースポーツ
スポーツ総合ニュース - 11月16日(木)10時47分

“60億の男”がイチローと再戦熱望

落札球団が決まり、会見で笑顔を見せる松坂=成田空港
落札球団が決まり、会見で笑顔を
見せる松坂=成田空港
 60億円男・松坂がイチローに勝負を挑む。ポスティングシステム(入札制度)で大リーグ移籍を目指す西武・松坂大輔投手(26)の落札球団が15日、日米同時発表された。落札球団はレッドソックスで、落札額は破格の5111万1111ドル11セント(約60億円)。成田空港で記者会見を行った松坂は、尊敬するマリナーズ・イチロー外野手(33)との再戦を熱望した。かつてパ・リーグをわかせた名勝負は早ければ来春4月に実現する。
 さっぱりと切りそろえた髪に、ベージュのジャケット。さわやかな表情で会見に臨んだ松坂の目が一瞬、鋭くなった。
 「向こう(マリナーズ)に行かれてから、ずっと対戦したいと思っていた。ボクの中では、イチローさんが一番」。あこがれの男と、また同じ土俵に上がれる喜びを爆発させた。
 イチローは2000年オフ、日本人で初めてポスティングシステムで海を渡り、メジャーで金字塔を打ち立てた。「イチローさんが行って、ボクも同じ道を続きたいと思った」。10歳のころからメジャーを意識していた松坂にとって、イチローは夢を実現させるための“道しるべ”だった。
 ただ、あこがれのイチローの約14億円をはるかに上回る破格の60億円の落札額には、さすがの怪物も「信じられなかった」とぼうぜんだ。
 松坂の西武入りが99年で、2人が日本で同時にプレーしたのは2年間。初対決は99年5月16日、西武ドーム。松坂がイチローから3打席連続三振を奪い、名勝負は衝撃的な幕開けとなった。通算で34打数8安打で打率・235。日本では松坂に軍配が上がった。
 WBCでは、投打の軸として世界一に貢献。MVPに輝いたのは松坂だったが、準備運動から妥協せず、勝利へのすさまじい執念を見せたイチローの姿は鮮烈だった。「やっぱりイチローさんはすごい」。あらためて心酔した。
 “再戦”は、開幕直後の4月に早くも実現する。開幕から3カード目、10日からボストンで3連戦が組まれている。開幕2戦目、もしくは3戦目にメジャー初登板を迎えれば、対戦が実現する可能性が高い。
 会見後に渡米。ロサンゼルスで代理人のスコット・ボラス氏との打ち合わせと、自主トレ施設の見学を行う。かばんの中にはトレーニング用具を詰め込み、現地でも汗を流す。「もう体は動かしている。向こうに行っても(調整の)リズムは変えたくない」。来春に迎えるイチローとの再会を、松坂は万全の準備を施して迎える。

(デイリースポーツ) - 11月16日10時47分更新

60億円ってのは、球団に入る金額で松坂投手の懐には入らないんだよね?確か、松坂大輔投手への年棒は又別になるんだよね?松阪投手獲得にレットソックスは一体どのくらいの総額でいくらぐらい使うのかな?。


gooスポーツ ボール
Number編集によるスポーツ情報
NumberWeb

MLB Column from EAST

レッドソックス 松坂大輔「狂騒」曲の始まり

李啓充=文|text by Kaechoong Lee
photograph by gettyimages/AFLO

松坂大輔NumberWeb
gettyimages/AFLO
+zoom

李啓充NumberWeb
李啓充
京都大学医学部を卒業し、'90年に渡米。2002年からは文筆業に専念する。訳書に「医者が心をひらくとき」著書に「アメリカ医療の光と影」(いずれも医学書院刊)などがある。週刊文春に「大リーグファン養成コラム」を連載中。

2006年11月17日

 レッドソックスの松坂大輔交渉権獲得で、ボストンの街が沸いている。正式発表は現地時間の11月14日午後8時だったが、直後、ボストンの各テレビ局は、以下のように松坂の交渉権獲得を伝えた。

FOX系列局:スポーツ部門のトップ・ニュース。ニュース・アナウンサーが「もう僕はインターネットで松坂のジャージーを買いました」と興奮気味。

ABC系列局:昔、ハーバード大学の名クォーターバック兼野球選手だったベテラン・スポーツキャスターが、5110万ドルという巨額の入札額について「crazy!」を連発。「金額に見合うほどいい投手なんでしょうね」と懐疑的。

CBS系列局:ボストンでは長老格のスポーツキャスターが、多年契約の年俸も含めると総額1億ドルほどの投資になる可能性を指摘、「人間、せっぱ詰まると何でもするものです」と、レッドソックスの大盤振る舞いを呆れ気味に紹介。

NBC系列局:他のニュースをさしおいて番組全体のトップ・ニュースとした上に、「寿司以来、日本からの最高の輸入品となるか?」と大げさ。松坂が日本でどれだけビッグなスターであるかという点を説明するために「松坂世代」という言葉があることまで紹介。 

と、以上が地元ボストンでの直後の反応であるが、入札金額の巨額さに驚いたり呆れたりする一方で、松坂がどれだけの活躍をするかについては「期待と不安がないまぜになっている」と言っていいだろう。交渉権獲得で松坂のヤンキース入りを阻止したことについては、「文句なしの成果」ということでファンの意見は一致しているが、多額の出費に見合うだけの活躍をするかどうかについて「不安」を感じる向きが多いのは、90年代終わりに、ヤンキースが伊良部英輝獲得で大失敗した故事を覚えているからである。 

ところで、5110万ドルという入札額について、地元ボストン・グローブ紙の世論調査によると、「賢い投資」の78%に対し「アホな投資」が22%と、好意的に評価するファンが圧倒的に多い。しかし、ESPN・TVの全米レベルでの調査によると、「高すぎる」の75%に対し、「高すぎない」が25%と、その評価は完全に逆転する。交渉権を獲得したチームのファンと、交渉権とは初めから縁がなかったり競り負けたりしたチームのファンとは、入札額に対する評価が正反対になっているようである。 

今後、業界一の凄腕エージェント、スコット・ボラスとの交渉がもつれる可能性もないわけではないが、入団交渉は最終的にはまとまると見られている。巨額入札という「大音響」で序章が始まった松坂「狂騒」曲、はたして、ボストンのファンを期待通りに熱狂させる展開・終章へと続くのだろうか?

『レッドソックス 松坂大輔「狂騒」曲の始まり』の写真を見る>>

ランキングオンライン

日刊スポーツ

松坂60億円でメジャー悲鳴、入札制度崩壊

 大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナー(72)は30日、日米間で取り決めたポスティングシステム(入札制度)の見直しを明らかにした。西武松坂大輔投手(26)に5111万ドル(約60億円)、阪神井川慶投手(27)には2600万ドル(約30億円)の破格値で独占交渉権が落札されたことが引き金になった。過熱する入札合戦には全米中でも疑問の声が上がっており、同コミッショナーは制度再考の必要と相場の暴騰を憂慮する声明を発表した。

 日本で驚きをもって受け止められた超破格の入札額は、大リーグのトップをも揺るがした。セリグ・コミッショナーはこの日、ロイター通信のインタビューに応じた。力を入れる国際化に話題が及ぶと言葉には熱が入った。92年から同職に就任し、98年にポスティング制度を導入した責任者でもある。ただ松坂と井川への入札額には目を見張った。これほどの相場高騰は予測してなかったのか、「再考の必要があると思う」とまゆをひそめた。

 WBC初代王者に輝いたことで日本選手の評価が急上昇。今オフは獲得合戦が繰り広げられた。松坂、井川、ヤクルト岩村と実力派がそろったこともポスティング熱に拍車を掛けた。3人の落札総額は約8161万ドル(約94億円)。年俸総額と比較するとア・リーグ王者タイガースに匹敵し、30球団中で15位にランクされる巨費が日本に流出する。この狂乱相場の過熱ぶりに、機構トップも無関心ではいられなかった。

 同制度には、ヤンキースやメッツなど入札に積極的な球団がある一方で、嫌悪感を示す球団も少なくない。ドジャースのコレッティGMは「交渉前に多額の金が必要なシステムは球団にとって害」と早々に松坂から撤退した。大リーグ選手会は同制度の存在そのものに反対する。オーザCOO(最高執行責任者)は11月の日米野球で来日した際、「入札額の大小が選手の価値を決めるかのごとく誤解されている。交渉権を得るだけのために多額のお金を要求されるのは公平じゃない」と、1銭も選手に渡らないやり方を批判した。

 また同制度は、富める球団とそうでない球団との格差を加速させる。松坂の入札に際しては全30球団が注目していたが、資金に乏しい球団は指をくわえて見守るだけだった。さらにライバル球団の動向が分からない方式も高騰を招いた。松坂のレッドソックス、井川のヤンキースとも落札額は、次点を1000万ドル(約12億円)以上も引き離すほど突出。裏を返せば、公開入札なら落札額を抑えられたかもしれない。

 セリグ・コミッショナーは課徴金(ぜいたく税)や収益分配制度などを導入して赤字球団の救済に努めてきた。入札球団が限定され格差解消に逆行するような同制度に対して、今後は改善に動くものとみられる。松坂、井川らに続く日本選手への影響は避けられず、導入9年目にして曲がり角に差し掛かった。

[2006年12月2日8時52分 紙面から]

posted by 初志一徹 at 16:43 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) |
category | 時事放話 |

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品 Book・Music・DVD
 

Atools

お勧めショッピングサイト

Amazon・れ筋ランキング
1.amazlet.com
2.AMEMA.JP

プライム
TVショッピングのお勧め商品プライムショッピング

・ショップジャパン

・テレビショッピングのショップ島
動画配信中!!

bidders

Amazon

   
   
 

この記事へのコメント
はじめまして、松坂のニュースは自分も興味深く追っています。
でも60億って、やっぱ高すぎですよね・・・^^;
Posted by ゆうち at 2006年12月01日 18:26
コメントを書く
お名前: [・須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [・須入力]

・証コード: [・須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Amazonおすすめ商品

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27600141

この記事へのトラックバック

このブログを評価する  このブログを ±5段階評価してみませんか?
クリックするとレーティング(投票)ページ行き、投票が可能になります。

人気blogRankingbanner_01.gif 週刊ブログランキングくつろぐ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログ王
人気ランキング/サイト検索/記事検索が可能なブログ総合サイト
 

Yahoo! JAPAN


Yahoo! JAPAN
Google
WWW を検索 当サイト内を検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。